こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店

スタッフブログ

天龍焼杉で腰壁リフォーム 東広島リフォーム こころハウス 井上工務店 投稿日:2022年10月12日
こんにちは。社長のトミオです。

皆さん天龍の焼杉って知っていますか?

そもそも焼杉を知らない方も多いと思います

古来から杉板は家の外壁として使われました

杉板は軽く加工が容易でカビや白蟻に強く

手軽に入手できる優れた木材なのです。

杉板の表面を火で焼いて炭化層を作る事で

対候性を高めたのです。その中でも

伝統的な三角焼き。板3枚で三角柱の煙突を

造りその中に火を通して厚い炭化層を作る

伝統的工法の事です。

現在の焼杉は薬品で焼き色を付けている物が

殆どですが、天龍の焼杉は伝統の三角焼きで

つくられています。



東広島市八本松町のお施主様の依頼で納屋の

外壁が劣化したので改修のご相談が来ました



腰板は焼杉の鎧張りと言う工法で張って

有りましたが、表面はコールタールと言う

アスファルトの液体原料が塗って有り

長い年月建物を風雨から守って来ました。

それと同時に基礎の風化が進みかなり

ポロポロと崩れて来ています。



今回の改修、まずは基礎補強から始めました

その上から水切り板金、下地木材組み

防水シートを張って焼杉を縦張りしました。

板の継ぎ目には縦桟を打って雨の侵入を

防ぎます。後は上水切りを掛ければ出来上り



窓も木製建具からサッシに変えました。

天龍の焼杉は炭化層が厚いのが特徴で

これから長く建物を守ってくれる事でしょう

天龍の焼杉は新築住宅にも使います。



今年2月にお引渡しした新築物件です。

2階の外壁は100%シラスのそとん壁掻落し

共に長寿命でメンテナンス費用が余り

かからないのが特徴です。

日本古来の知恵が現代に蘇った瞬間です。
ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
TEL:0824352578
資料請求
ページトップへ