こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店

スタッフブログ

日本の折り紙をヒントに作られた照明 東広島工務店 こころハウス 投稿日:2021年12月11日

こんにちは!

こころハウス スタッフの和哉です。

今回はタイトルの通り、日本の折り紙をヒントに作られたとても興味深い照明ブランドを紹介したいと思います。

ブランドの名前はLE KLINT(レ・クリント)といいます。

LE KLINTのHPより抜粋

LE KLINT(レ・クリント)は、1943年に創業した、デンマークを代表する王室御用達の照明ブランドです。1901年、デンマークの建築家 P.V.イェンセン・クリントが日本の折り紙をヒントに、紙を規則的に折り上げて作る、手づくりのランプシェードを生み出したのが始まりです。

LE KLINTのHPより抜粋

長く厳しい冬を過ごす北欧の生活の中で磨かれてきたデザインや伝統の技術は、時代を超えて大切に受け継がれ、現在でも創業の地デンマークにて、職人の手仕事による製造を守ることを信念としています。

LE KLINTのHPより抜粋

職人の手で手作りしていることがわかりますね。

工場のシーリングライトにもシェードのものが使われていておしゃれです。

また、このシェードは一部の照明を除き本当に紙で作られています。

↑紙で作られた照明。

↑難燃性PE樹脂でできた照明。

さすがにすべての照明が紙で作られているわけではありませんが

紙で作られた照明は日本の折り紙をヒントにしていることがより感じられますね。

このような紙でできている照明は、和室の一角に吊るすという使い方でもとてもマッチします。

気になった方はLE KLINTのHPを確認してみてください!

LE KLINTのHPはこちらから

こころハウス 和哉

ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
TEL:0824352578
資料請求
ページトップへ