こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店



スタッフブログ

丸太柱の加工方法 東広島 工務店 こころハウス  投稿日:2020年12月4日
こんにちは。こころハウス、社長のトミオです。

近年の木造住宅の骨組みの加工はプレカット工場で行われることが殆どです。

家1軒を手刻み出来る大工さんは少なくなりました。

今回、東広島市豊栄町で簡易宿泊施設を建てるにあたり、

ポーチ柱はお施主様自らが山で杉を伐採されて支給されました。

担当の大工さんはまだ若く丸太の墨付け方法を知らないので

私が一緒に作業しながら教えることにしました。



丸太は四角い柱と違い基準に成るものが有りません。

まずは柱の正面を決めて丸太の木口に水平器で線を引きます。

両木口に垂線を引くことで柱の上下の基準が決まります。

この上下の基準線を墨壺の墨が浸み込んだ糸を弾く事で線を引きます。

この際丸太に直接墨が付着しない様マスキングテープを張ります。



木口の十字から引いた4本の線に2人で差し金をかけて90度ずつ

墨を回していきます。これは2人でないと出来ません。



丸太の周りを1周したら丸太の墨付けは完了です。覚えると簡単ですね。



上棟当日寸分の狂いもなく柱が建ちました。

若い大工さんも良い経験になった事でしょう。
ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
TEL:0824352578
資料請求
ページトップへ