こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店



スタッフブログ

スレート屋根改修 カバー工法 ソーラーゼロ 東広島 工務店 リフォーム 新築 投稿日:2020年06月2日
こんにちは。社長のトミオです。

今回は太陽光発電で屋根改修費用を賄うソーラーゼロについて書きます。

支払い実質ゼロ、果たしてそんなに上手く行く物なのでしょうか?

良く工場などの屋根に使われているのがスレートです。

理由は安価で施工が簡単だからなのですが、

この頃老朽化の進んだスレート屋根が多くみられます。

老朽化が進むともろくなり人が上がっただけで割れてしまいます。

わが社屋の屋根もこのスレート屋根で45年が経過しています。



この当時のスレートには発がん性部室のアスベストが混入されています。

スレートを撤去して屋根を改修すると処分費だけでかなりの費用が掛かります。

近年の豪雨や台風などから社屋を守るため屋根の改修を決意しました。



方法は、スレートを撤去せず上から鋼板の屋根をかぶせるカバー工法

その上に太陽光発電を載せて月々のローンを払う「ソーラーゼロ」を採用しました。

屋根の上に有るだけではスレートからアスベストが出ることは有りません。

屋根改修に当たってまずは足場を組まないといけません。



スレート屋根の上から耐用年数の長いガルバリュウム鋼板をカバーします。



今回屋根に10kwのソーラーパネルを載せました。

売電単価は26円/kwで契約しました。

専用の固定金具が有るので雨漏りの心配も有りません。

実はこれだけでは屋根改修とソーラー設置工事費用を賄えません。



別棟の車庫の屋根に20kwのソーラーパネルを載せ、社屋との売電合計をローンに当てます。



せっかく足場を掛けたので樋の交換や外壁塗装も行う事にしました。

次回はその事と売電と工事費ローンの収支について書こうと思います。





ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
TEL:0824352578
資料請求
ページトップへ