こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店



スタッフブログ

シラスそとん壁 掻き落し仕上げ 東広島 新築 こころハウス 投稿日:2020年05月6日
子育て世代平屋の家。

 こんにちは社長のトミオです。 新築の外壁を何にしたら良いか悩まれる方も多いと思います。


その選択肢の一つとして「スーパー白洲そとん壁W」を紹介します。
 

東広島市黒瀬町 白洲そとん壁W掻き落し仕上げ(外壁角部分も掻き落とししました)

そとん壁の仕上げ材は天然素材そのまま。防水機能もなく水が浸み込みます。(驚) 
シラスだからこそ実現できた驚異の二大機能 「防水」+「透湿」 軽量モルタル、

サイディングを圧倒する既成概念を超えた非常識な外壁です!
シラス外壁材は下塗り材と上塗り材の2層構造。下塗り材は超微細なシラス粒子で構成しているため、

水蒸気の細かい粒子を通しながら、雨水の大きな粒子は通しません。

ラス下の透湿防水シートだけで、仕上げ表面の防水処理は不要です。

シラス壁に浸み込んだ雨水は、隙間が細かい下塗り材にはほとんど浸み込むことなく、

重力によって下方向に引っ張られながら、隙間が大きく抵抗が少ない上

塗り材の表面へと 流れていきます。これを「くの字流動現象」といいます。

一方、軽量モルタルの場合は、浸み込んだ水が分散し、建物内部に浸透してしまいます。



壁面内部の水の流れ


そとん壁が下塗り層で防水することはわかりましたが、 それでどんな良いことが有るのでしょう?





仕上げ部分に水が浸透するという事は、夏の夕方外壁に打ち水をして建物を冷やすことが出来ます。
本来外壁というものは、雨風が室内に入らないようにするものであり、

水が沁みこまないことが常識でした。

しかし、シラス外壁材「スーパー白洲そとん壁W」は、防水機能を持っていながら

一定量の水を沁みこませることができるという点において、他に類を見ない外壁です。

水が沁み込むことによって、長時間にわたって気化熱作用を継続させることが可能です。

壁に水が沁みこんでいる様子。
● シラス外装材打ち水効果測定実験
左: A 外壁(シラス外装材)
右: B 外壁(シラス外装材)に打ち水

14:30 打ち水をしたBの壁面表面温度は、Aに比べて5〜10℃低い。

打ち水をしたBの室内温度は、Aに比べて3~4℃低い。
シラス壁は、断熱性能に優れるから、暖房効率を大幅にアップします。節電しながら、冬を快適に過ごせます。






シラス壁の熱伝導率

シラス壁の優れた断熱性能は、熱伝導率で実証されています

家庭にある電化製品の中で、もっとも電力を使うのは「エアコン」。

そのエアコンの稼動を減らすのにシラス壁は最適です。

※冷房設定温度を1℃高くすると、電力消費量は約10%節約されると言われています。

家庭における消費電力量のウェイトの比較

 他にもこんな良いことが。



一切の化学樹脂を使わずに、透湿と防水の両立を実現。

自然界に存在する安全な素材だけを用いているから、

将来の解体時には土に還せる、安全な壁材です。


無機質のセラミック素材で構成された壁面は、

厳しい自然環境にも屈しない高耐久性を維持します。



シラスは無機質の天然セラミック素材。

だから紫外線や風雨による退色・劣化がおきにくく防水性も劣化しにくい。



シラス独特の風合いと質感に富んだ新しい外観デザインを創出。

人工物には決して表現できない本物の質感で、建物の品格を高めます。



多孔質のシラス粒子内部に空気を取り込み、

断熱層を形成するため、外気の温度を建物内部に伝えにくく、

冷暖房の効率を大幅にアップ。遮音性にも優れています。



不燃材料(モルタルに相当)。万一の火災にも有害ガス発生の心配がありません。



蓄熱しにくく輻射熱を和らげるため、ヒートアイランドの防止にも寄与します。



 最後に。

白洲そとん壁は天然素材で出来ているためその施工は大変難しく

施工マニュアルの習得と熟練の技が必要になります。



(遮熱シート張り、エアコン穴先行配管防水処理)



(通気胴縁打ち、防鼠土台水切り、ラス板打ち)



(下塗り前、波ラス施工。)



(下塗りファイバーメッシュ伏込み塗り)

一般的な施工事例も掻き落とさないスチロール鏝仕上げが多く

掻き落とす場合も建物の角部分などは残す場合が多いようですが、



当社は角も含めた全面掻き落としをお勧めしています。

それにより一層風合いの良い仕上がりになります。


ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
TEL:0824352578
資料請求
ページトップへ