こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店



スタッフブログ

ラグビーと武士道精神 東広島 工務店 こころハウス 投稿日:2019年11月2日

こんにちは。社長のトミオです。

ラグビーワールドカップは南アフリカの優勝で幕を閉じました。

大会中、日本戦だけでなく色々な試合をテレビ観戦し、

ラグビーの魅力に、にわかファンになった私です。

何故これほどまでにラグビーが日本人を魅了したのでしょう?

その一つには、武士道精神も大きく関係しているのではないでしょうか?

武士道精神とは?と聞かれて即答できる人は中々居ないでしょう。

言葉では言い表せなくても、日本人の遺伝子に脈々と受け継がれているものです。

お互いの命をかけて戦う武士は相手を切り殺しても喜ぶ事は有りません。

「残心」敵を倒しても心を緩めない事、その残心の最中に敵を尊重する気持ちを持つ。

「敵ながらあっぱれ」「好敵手」「良きライバル」相手を尊敬する言葉です。

「ノーサイド」戦いが終われば敵も味方も無い死力を尽くた仲間だという思い。

そんなラグビー精神が日本人の持つ武士道精神とシンクロしたのだと思います。

武士道精神は大まかに7つの言葉で表されています。

」情けを表し、たとえ敵でも相手に情けをかける。

」フェアプレイを表し、不正行為での勝利は賞賛されない。

」他人に対する思いやりを表す。

」物事の本質を見極め、常に切磋琢磨し、より良い手法を得ようとする心得。

」信じる強さ・信頼を表す。

」愛する者への自発的な忠誠心を表す。

」言った事を成す。一度でも口にした事は命がけで守り、守れなければ死をもって償う。

外国でも武士道精神は「サムライスピリット」という言葉で研究され。

多くの外国人がこの言葉の意味を理解しています。

日本人の「おもてなし」の心の中にも武士道精神は生きています。

2020年の東京オリンピックには沢山の外国の方が来られます。

お客様にへりくだって尽くすのでは無く、

日本人としての誇りをもってお迎えいたしましょう。

ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
TEL:0824352578
資料請求
ページトップへ