こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店

スタッフブログ

エコキュート タンクサビ原因 東広島 工務店 こころハウス  投稿日:2019年02月12日

こんにちは。こころハウス、社長のトミオです。

設置2年のエコキュートのタンクが錆びているとお施主様からお電話を頂きお伺いしました。

その場所はタンクの真下のドレン排水の部分です。メーカーとも協議しながら原因究明。

エコキュートのタンクには排水ドレンが有ります。何故有るかは又の機会にお話ししますが、

その排水先から微量のアンモニアが遡上してタンクカバーを錆びさせたとの結論に達しました。



住宅の排水は大きく分けて2種類、汚水雑排水と雨水です。この二つは敷地内は元より

決して交わる事は無いのですが、唯一合併浄化槽だけは、汚水を敷地内で分解する為

敷地内最終枡で合流します。こちらのお宅も合併浄化槽でした。

合併浄化槽は菌の力で汚物を分解しますが、流入の量や気温湿度、化学物質などにより

分解能力が低下して微量のガスが残ってしまう事も有ります。雨水枡や最終枡は蓋に穴の開いた

物を使うのですが、夏場は蚊の発生場所になる事も多く穴を塞ぐ方もおられます。



今回枡の蓋に網戸の網がかけられていました。その穴にはぎっしり砂利が詰まっていました。

おそらく子供さんが遊びで穴を埋めたのでしょう。行き場を失った微量のガスは雨どいなどから

遡上したのでしょう。その中の一部がエコキュートの排水ドレンの排水口から出てきたのです。

これが錆びの原因でした。対策として枡蓋の穴が塞がっていないか点検はお施主様にお願いし、



ドレン下流の枡内にガス遡上防止のトラップを設けました。その後錆びた部分を交換しました。



浄化槽には流して良い物とイケない物が有ります。これからは浄化槽の取説も必要だと思いました。



ページ先頭へ
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
お問合せ
ページトップへ