こころハウス 井上工務店
株式会社 井上工務店

FFC免疫住宅

FFCR免疫住宅ってなに?
FFC(水溶性二量体鉄塩)テクノロジーを活用して有害化学物質を分解除去し、カビや感染菌などの病原性微生物の繁殖を抑制する住宅のことです。FFCテクノロジーとは、木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを最新技術により含浸させる技術で化学物質等に、FFCテクノロジーを活用し、2種類の鉄ミネラルを含浸させることで、化学物質の害を最ガラスのシャーレーを通して、皮膚を活性化することが確認された小限に抑える事ができるようになりました。

FFC(水溶性二量体鉄塩)テクノロジーを活用して有害化学物質を分解除去し、カビや感染菌などの病原性微生物の繁殖を抑制する住宅のことです。FFCテクノロジーとは、木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを最新技術により含浸させる技術で化学物質等に、FFCテクノロジーを活用し、2種類の鉄ミネラルを含浸させることで、化学物質の害を最ガラスのシャーレーを通して、皮膚を活性化することが確認された小限に抑える事ができるようになりました。
現在の住宅
これまで、抗菌加工や防カビ加工などを施した建材を多用し、無菌状態に近づけることが第一と考えられてきました。現在では14種類の化学物質が使用禁止とされていますが、建材加工時には、それ以外の化学物質が大量に使用されています。極度の抗菌・防カビ加工が新たな健康被害を発生させています。悪性物質を排除するための対策が、私たちの生理機能を高める善玉常在菌までもを抑制し免疫力を低下させます。その結果、様々な病原菌と戦う抗体が弱まり、私たちの身体に異常をもたらしアレルギーや病気を引き起こす要因となっています。
カップラーメンを食べた人が「異臭がする」と訴え、調べてみると、相次いで有害な化学物質が検出された事件をご存知ですか? 一般的に、カップラーメンの容器は何層ものコーティングが施されていますが、カップラーメンの近くに化学物質が置いてあるとその容器を通して、中の麺を汚染するということが判明。 私たちが住む空間でも、新築の臭いがする部屋に住み始めるとその建材に使われている化学物質が、呼吸や皮膚を通じて体に侵入し、健康被害が起こることがわかりました。 これが、胎児の複合汚染につながり非常に危険です。このような問題を解決するため「免疫住宅」は開発されました。
人間が生涯で、摂取する物質の重量を多い順に並べると、吸い込むもの(83%)、飲み物(8%)、食べ物(7%)の順になります。その吸い込むものの中で、もっとも大きな比重をしめるのが「自宅の空気」です。実に、人が一生涯で摂取するものの総重量の56%をしめる計算になり、私たちの人生に大きな影響を与えています。
これまで、抗菌加工や防カビ加工などを施した建材を多用し、無菌状態に近づけることが第一と考えられてきました。現在では14種類の化学物質が使用禁止とされていますが、建材加工時には、それ以外の化学物質が大量に使用されています。極度の抗菌・防カビ加工が新たな健康被害を発生させています。悪性物質を排除するための対策が、私たちの生理機能を高める善玉常在菌までもを抑制し免疫力を低下させます。その結果、様々な病原菌と戦う抗体が弱まり、私たちの身体に異常をもたらしアレルギーや病気を引き起こす要因となっています。
カップラーメンを食べた人が「異臭がする」と訴え、調べてみると、相次いで有害な化学物質が検出された事件をご存知ですか? 一般的に、カップラーメンの容器は何層ものコーティングが施されていますが、カップラーメンの近くに化学物質が置いてあるとその容器を通して、中の麺を汚染するということが判明。 私たちが住む空間でも、新築の臭いがする部屋に住み始めるとその建材に使われている化学物質が、呼吸や皮膚を通じて体に侵入し、健康被害が起こることがわかりました。 これが、胎児の複合汚染につながり非常に危険です。このような問題を解決するため「免疫住宅」は開発されました。
人間が生涯で、摂取する物質の重量を多い順に並べると、吸い込むもの(83%)、飲み物(8%)、食べ物(7%)の順になります。その吸い込むものの中で、もっとも大きな比重をしめるのが「自宅の空気」です。実に、人が一生涯で摂取するものの総重量の56%をしめる計算になり、私たちの人生に大きな影響を与えています。
FFCの効果
FFC を活用した床材やクロスはマイナスイオンの発生が活発になり居室内の空気環境が改善されます。
マイナスイオンがプラスイオンに帯電した化学物質や悪臭を中和させ臭いが消えると同時に花粉・カビ・ダニなどが床に落ち掃除で取り除けます。
FFC の活用でマイナスイオンが増大すると共に体にとって負のイオンであるプラスイオンを押さえ込むことが大学の研究で実証されました。

FFC を活用した床材やクロスはマイナスイオンの発生が活発になり居室内の空気環境が改善されます。
マイナスイオンがプラスイオンに帯電した化学物質や悪臭を中和させ臭いが消えると同時に花粉・カビ・ダニなどが床に落ち掃除で取り除けます。
FFC の活用でマイナスイオンが増大すると共に体にとって負のイオンであるプラスイオンを押さえ込むことが大学の研究で実証されました。
ヒトが吸収できる遠赤外線は10~14ミクロンが許容範囲とされています。一般木材では約74%の放射率ですがFFC加工された木材は約84%放射され、ヒトが吸収できる範囲の放射率に保たれます。

ヒトが吸収できる遠赤外線は10~14ミクロンが許容範囲とされています。一般木材では約74%の放射率ですがFFC加工された木材は約84%放射され、ヒトが吸収できる範囲の放射率に保たれます。
善玉常在菌・悪玉菌を同数24時間培養した実験で、未活用クロスはカビが増殖したのに対し、FFC活用クロスは乳酸桿菌類などの有益な菌は増殖し、悪玉菌であるMRSA(院内感染菌、カビ)の増殖を抑制させることが確認されました。善玉常在菌も悪玉菌も、すべての微生物を殺してしまう化学的抗菌材と違って、FFC加工が身体に優しいことがわかります。

善玉常在菌・悪玉菌を同数24時間培養した実験で、未活用クロスはカビが増殖したのに対し、FFC活用クロスは乳酸桿菌類などの有益な菌は増殖し、悪玉菌であるMRSA(院内感染菌、カビ)の増殖を抑制させることが確認されました。善玉常在菌も悪玉菌も、すべての微生物を殺してしまう化学的抗菌材と違って、FFC加工が身体に優しいことがわかります。
FFC木片はヒトの角質細胞を2倍に促進し、分化も促進。色素芽細胞も2倍に増殖させます。FFCの木に囲まれていると皮膚の細胞が入れ替わり促進され、皮膚が健康に保たれる可能性が大きいといえます。

FFC木片はヒトの角質細胞を2倍に促進し、分化も促進。色素芽細胞も2倍に増殖させます。FFCの木に囲まれていると皮膚の細胞が入れ替わり促進され、皮膚が健康に保たれる可能性が大きいといえます。
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
こころハウス 井上工務店

コンセプトを見る
お問合せ
ページトップへ